GIコラム工法

GIコラム工法は、センターホール型オーガーヘッドを採用する事で、リーダーを短く抑えると共に、コンパクトで低重心化を実現し、小型の地盤改良施工機を使用した、撹拌式スラリー系深層混合処理工法です。
小型施工機を使用出来るため、小規模な現場等で高い作業性を有し、高トルク化により大型機並みの施工能力を有した工法です。

GIコラム工法の特徴

① 小型軽量で適正なコラムの造成

小型軽量の施工機でコラム径φ800〜φ1600mm※1の改良体を造成できるので、小規模な現場や市街地の狭い現場でも施工可能で、工事の作業性・経済性が向上。

② センターホールスピンドルによる施工範囲の拡大

最大改良長20m※1がロッドの継ぎ切りなしで施工可能であり、コスト縮減・工期短縮・環境負荷低減が可能。

③ 高精度の施工

リーダを前後左右に微移動して鉛直性の確保が可能。
貫入速度、攪拌翼回転が任意に調整でき、土質の種類や硬軟、高配合量にあった速度での施工が可能。

④ 安全性の向上

従来機に比べ、施工機が軽量コンパクトであり、施工時の地耐力に対する安全性が高い。

⑤ 施工管理装置・施工支援システム

攪拌翼の回転数やミルクの注入量をリアルタイムで表示。
デジタル表示の深度計、昇降速度計、傾斜計を装備。
施工支援システムにより、必要な情報を速やかに取得可能。

GIコラム工法の適用範囲

形状杭状、ブロック状、壁状等
適用構造物土木構造物、土構造物、擁壁など
攪拌軸数単軸
改良体径φ800mm〜φ1600mm※1
攪拌翼数6枚翼
羽根切り回数360回/m以上
適用地盤砂質土(シラス含む)、粘性土(ローム含む)
最大改良長20m※1
固化配合量配合試験により決定(80kg/㎥以上)
改良体強度砂質土(シラス含む)100〜1500kN/㎡
粘性土(ローム含む)100〜1500kN/㎡
※配合試験により定配合量の場合は要協議

※1 施工機種によって、最大改良径、最大改良長は異なります。