地盤調査について

建設を計画する上で行われる地盤調査。構造物などを建てる際に必要な地盤の性質把握などを目的として、調査結果から地盤強度などが求められ、適切な設計にが可能となります。また、結果に基づいた地盤補強や杭などの設計提案も承っております。

ボーリング調査

ボーリングマシンを使い、1m毎のN値を測定。同時にサンプラーによって土を採取し、土質判別を行います。又、ボーリング孔での孔内水平載荷試験(LLT)や、不攪乱試料を採取しての力学試験(一軸圧縮試験・三軸圧縮試験・圧密試験など)地盤解析の標準的な調査・試験が行う事が可能です。

スウェーデン式サウンディング試験

ロッド、スクリュー、錘などからなるスウェーデン式サウンディング試験装置を用いて、土の硬軟又は締まり具合を判定します。静的入抵抗を求める現位置試験方法の一つで、 荷重、半回転数など測定します。主に小規模建築物に使用されます。

平板載荷試験

直径30cmの載荷板に、バックホウなどの反力を用い、段階毎に荷重を地盤にかける事で、沈下量を測定し地盤反力係数を求める試験になります。