FP-BESTEX工法

シンプルで確実な施工を目指して開発されたBESTEX工法をさらに改良。節杭を用いて安全性と経済性を飛躍的に高めました。BESTEX工法と同じくプレボーリング拡大根固め工法の一種で、水セメント比150%、ミラセピアセメント比0.75%の掘削固定駅を注入しながら所定深度までソイルセメント状の掘削孔を造成したあと、節杭を埋設する工法です。

FP-BESTEX工法の特徴

① 信頼性の高い大きな鉛直支持力

先端支持力係数および周辺摩擦力度は、数多くの載荷試験により支持力性能が評価されているため、地盤に適応した信頼性の高い大きな鉛直支持力が得られます。

② 確実な支持力

掘削固定液および根固め液にミラセピアを混入することで、逸液と孔壁の崩壊および杭節部間のブリージングを防止し、高強度の安定した杭周辺部、根固め部固結体が築造されるため、確実に支持力を発揮します。

③ 支持杭としても活用

杭先端平均N値の上限が50になり、支持杭としての対応も可能です。

FP-BESTEX工法の施工手順