採用情報

社員メッセージ

「ゼロから一人前に、育成していきます」取締役兼関西支店長

基本的な育成方針として意識することは2つです。
1つは「考える力を身につけさせること」。弊社の営業活動は、値札のついた商品、いわゆるモノ売りではなく、形の無い「企画」を売る営業スタイルです。それも、その対象の建築物、建築予定地、構造、安全性、納期、コストといった様々な要素を加味した上で、最も適切な企画を提案しなければいけません。それにはやはり、「お客様の事を考え、考え抜いた答えを提案する」事が、常に求められるのです。育成を担当するものとして、この習慣づけと知識の継承を積極的に行っていきます。

そしてもう1つは、「失敗を恐れず、どんどん挑戦させること」です。これは私自身が、失敗から学んだことの方が大きいという経験から、若いうちにどんどんチャレンジさせています。失敗を恐れ、萎縮してしまい結局何もできないままでいると、その先に成長はありません。

この2点をベースに、皆さんを「一人前の営業マン」に育成していきます。
また、それだけではなく、組織の地盤を創る人材としての活躍を期待しています。
「企画力、人間力を活かした営業がしたい!」「社会的貢献度の高い仕事がしたい!」「幹部候補として会社を動かしていきたい!」そんな方にお会いできることを心より楽しみにしています!

「社会的貢献度の高い仕事です」営業部

弊社の営業は「信頼関係」が重要です。目に見える商品を扱っているわけではなく、目には見えない「方法」を企画、提案しているので、各営業マンの「人間性」が大きく関わってきます。当然、「地質、地盤」といった専門的な知識も必要になってきますので、はじめのうちは勉強することばかりです。
だからと言って知識さえあれば簡単に営業が出来るというわけではないのが、弊社の営業の面白みです。また、社会的貢献度の高い仕事でもあります。「建築物そのもの」という、目立つものではないですが、その下である「地盤」はその建物の良し悪しを決める非常に重要な役割を持っています。
格好だけで言うと、「縁の下の力持ちのさらに下を支える仕事」です。
派手さはありませんが、その工事が無事終了し、大きな建物が出来上がった時には、大きなやりがいを感じることが出来る仕事ですよ!

「家の地盤も人生の地盤もつくれる会社」2017年入社(新卒入社)大阪国際大学

まず私が入社を決めた大きな理由は、一緒に働きたいと思える先輩や上司、社長がいたことです。
説明会から面接まで社長自ら参加され、会社のビジョンや新卒に対する熱い想いを聞く事ができました。また一緒に働く先輩や上司と話す機会もあったので、会社選びで大切にしていた人間関係はまったく心配ないと感じ、この人たちのもとで働きたいと入社を決めました。
地盤改良という事業内容に関しては、まったく見ていない分野でしたので、正直そこまで興味があったわけではありませんでした。ただ、話を聞いていくうちに、「社会インフラを支える重要な役割を担っていること」「西尾技建だからこそできる独自の専門性・ノウハウがあること」に惹かれていきました。特に印象に残っていることが、自分の上司になる方がマイホームを建てた時のエピソードです。
「地盤改良を自分の企画・提案で行ったから安心して住めるわ」とおっしゃったことです。地盤改良の会社は他にもたくさんありますが、中にはコスト優先で低品質な地盤改良がなされている実態を聞き、驚いたと同時に不安も覚えました。私もこの先輩のように、結婚してマイホームを買い、自分の企画で地盤改良を行うことが目標です。その時は社員割引もあるようです(笑)
家の地盤も、人生の地盤もつくれる会社で働きませんか?

「世の中に必要不可欠なインフラを支える仕事」2017年入社(新卒入社)近畿大学

私は働くのであれば、人が生きる上でなくてはならない、世の中に必ず必要とされるフィールドで仕事がしたいというのがありました。建物を建てる際の地盤調査や改良を行っている西尾技建は、建物の品質や安全性が求められている現代社会で、建物がある限り決してなくなることのない安定性と、今後はさらに需要が高まる将来性があると感じ、入社を決意しました。西尾技建の営業は商品を売るだけでなく、目に見えない安全性や品質を実現するため、地盤や土壌の調査から分析、構造計算、工法・機械選定など、企画力や提案力が求められます。また、一発勝負の新規営業ではなく、深く永くお付き合いするルートセールスですので、困った時に相談される信頼関係も大切だと聞きました。私は物売り営業ではなく、自分の考えやアイデア、人間性で勝負する営業に興味を惹かれました。地盤改良や建築のことはまったく勉強していなかったため、不安はありましたが、社長からは「一から教えていくからまったく心配いらない。とにかく最初は素直に一生懸命に元気にやることが仕事。5年後10年後に池野くんしかできない仕事を身につけ、私の右腕として活躍して欲しい」と言ってくれました。実際に一から丁寧に教えて頂き、何とか楽しく仕事ができていますので、安心して飛び込んで来て下さい。

「地震大国の日本に必要不可欠な会社」2019年入社(新卒入社)立命館大学

安全安心をつくる事業内容に魅力を感じたことが入社の決め手でした。正直、地盤調査・地盤改良という仕事は知りませんでしたが、たまたま就職サイトで発見し、地震大国の日本においてなくてはならない社会貢献度の高さに興味を持ちました。私は文系出身で、建設業界や地盤改良のことはまったく無知だったため、不安はありましたが、西尾技建で働く先輩方も全員が文系で一から勉強していると聞き心配はなくなりました。また地盤調査・地盤改良のフィールドは歴史が浅く、発展途上段階のため、開拓していけるチャンスが多くあり、新人もベテランも関係ないとこのことでした。むしろ、まっさらで吸収力の高い新卒に大きな可能性があると言ってくれました。近年は地震やそれに伴う二次災害が頻発し、地盤調査・地盤改良が注目されるようになっていますが、当社は2003年に創業し、業界のリーディングカンパニーとして実績を残しています。当社は小さい会社かもしれませんが、業界では老舗企業ですし、自社独自のノウハウを持っています。安全安心をつくる地盤調査・地盤改良という業界の未来を創っていけること、そして会社の未来を創る幹部候補の採用であることに魅力を感じる方は、ぜひ私たちと頑張りましょう!